奄美大島本島でも新型コロナウイルスの感染が確認されました。今はそれぞれの生活の場所で、それぞれができることをやるべきときだと思います。
国と国、地域と地域、個人間でもやむをえず、物理的な分離を強いられています。ですが、同じ時代に生きていること、同じ星の上に暮らしていること、そして、ひとりひとりが同じ自然環境の一部であることはまぎれもない事実です。たとえ今は離れ離れであっても、すべての人と共に「今」を生きているという感覚を大切にしたいと思います。

坂元 秀行(あまみカメラ)

The Ryukyu Islands, including the Amami Islands, separated from the Asian Continent more than 10 million years ago. Over time, the island group dispersed, with nearby islands separating and rejoining each other multiple times according to changes in sea level.
As a result, there have been many opportunities for new species of flora and fauna to evolve and adapt to the islands’ environments.

The Amami Islands are located in the subtropics, with an average annual rainfall of about 2,800 mm.
A diverse range of indigenous flora and fauna has learnt to coexist in this environment of abundant rainfall.

The symbiotic relationship between these creatures has remained unchanged since the earliest of times.
Humans are also part of nature, and now, more than ever, it is important that we come together and live in harmony with each other, regardless of nationality, as life on the Amami Islands does.

If this can happen, we will be able to pass on such magnificent natural environments and peaceful societies to posterity.

Though nature tells us nothing, it rejuvenates us with vital energy.

(訳)
奄美群島を含む琉球列島は、1,000 万年以上前に大陸から離れ、その後、海面変化により、近隣島嶼間で 分離・結合を繰り返した。
この結果、陸生生物に種分化と固有化の 機会をもたらした。

奄美大島の平均年間降水量は、約 2,800 mm であり、この豊富な降水量を持つ環境下で、これらの固有種を含む多様な動植物が生育している。

太古から続いている自然界の共存・共生関係は現在も変わらない。
人間界も自然界の一部であり、国や地域の違いを超えた精神的、物理的な共存・共生関係をこれまで以上に育みかつ発展させていくことが現在必要とされている。

これを実現することにより、次世代にこの豊かな自然環境と平和な社会を残し、伝えることができる。

「自然は何も言わないけれど、私たちに生きる力を与えてくれる」

——————–
協力 木下裕正 / KINOSHITA Hiromasa
——————–
ドローン空撮、動画制作
坂元 秀行(SAKAMOTO Hideyuki)
——————–
奄美大島ドローン空撮 あまみカメラ
https://amami.camera/

Facebookページ あまみカメラ
https://www.facebook.com/amamicamera/

坂元 秀行

坂元 秀行 / SAKAMOTO Hideyuki

ドローン空撮カメラマン、映像作家
第二級陸上特殊無線技士免許
作業療法士

すべて表示

コメントする

コメントを残す